アンドレーアとブラジルサッカー2

さて、アンドレーアを『サッカーが上手い娘、強力なキックを持つ娘』と決めたのは良いのですが、彼女がサッカーを始めたきっかけは何だったのか。
どのように成長して、上手くなったのか。
そして完成形はどのような選手としたいのか。

実はキャラ自体は30年前に作ったとはいえ、アンドレーアを本格的に売り出そうと考えたのはここ2年程の話です。
ここでの「本格的に売り出そう」とは、「彼女の性格を設定し、半生を作る」ことを意味します。
元々生まれつき「足が速い」「すばしっこい」ことは決めており、そこからどう発展していくかを決めていきました。

ブラジルサッカーの仕組み

まず『ブラジル・サッカーのシステムって何だろう?』という、作者自身がブラジルに住んでいながら知識ゼロから始めました。そもそもブラジルの公用語であるポルトガル語も知らず、サッカーを元々やらないためハードルが高いと勝手に考えていたからです。

最初に調べたのは『ブラジルにプロチームはいくつあるのか?』と『プロ選手は何名いるのか?』でした。
その結果、ブラジル国内に約800のプロクラブ、約13,000のアマチュアクラブ、約11,000名の選手がおり、約1,200名がブラジル国外でプレー(海外移籍)していると出ました。この約12,200名から僅か30名程度のセレソン(ブラジル代表)が選ばれます。セレソンに選ばれることはこの国では最高の名誉と、国を代表する勝利への責任を負うことになります。

サンパウロ市内だけでも6つもプロクラブがあり、うち3つは世界的にも有名な「サンパウロFC(1930年設立)」「パルメイラス(同1914年)」「コリンチャンス(同1910年)」。残りの3つは「ポルトゲーザ(同1920年)」「ジュベントス(同1924年)」「ナシオナル(同1919年)」です。スタジアムの最寄り駅であるのを示すために「ナシオナル」以外はサンパウロ地下鉄(SP-Metrô)・郊外電車(CPTM)の駅名の一部にもなっています。

各プロクラブには球団歌(Hino)があり、それらとチーム名を組み合わせてYouTubeで検索すると、その球団歌を聴くことが出来ます。ブラジルに限らずアルゼンチンやチリなどの南米中のサッカークラブは球団歌を設定しているようで、ポルトガル語のHINOまたはスペイン語のHIMNOとチーム名を組み合わせて検索すれば、すぐに聴くことができます。
それらを次々と聴いて、クラブの名前を覚えていきました。

サンパウロFC球団歌(Hino do SPFC)
パルメイラス球団歌(Hino do Palmeiras)
コリンチャンス球団歌(Hino do Corinthians)
ポルトゲーザ球団歌(Hino da Portuguesa)
ジュベントス(サンパウロ市)球団歌(Hino do Juventus-SP)
ナシオナル(サンパウロ市)球団歌(Hino do Nacional-SP)

西暦1900年前後に誕生した100年以上の歴史を持つチームもあれば、ここ近年誕生したばかりのチームも存在します。日本のプロ野球(NPB)12球団で最も古いのは読売ジャイアンツ(1934年)で、次に阪神タイガース(1935年)ですから、それらよりも古いわけです。

色々と調べていくうちに、日本ではあり得ない特徴として『クラブの名前が複数の都市で使用される』ことがあります。
例えば「サンパウロFC」(São Paulo Futebol Clube)はサンパウロ市にあるクラブが最も有名ですが、実は他の都市や街にも「同じチーム名」を名乗るクラブが複数あります。
「パルメイラス」「コリンチャンス」や、リオデジャネイロが本拠地のクラブでもある「フラメンゴ」「ヴァスコ・ダ・ガマ」「ボタフォゴ」「フルミネンセ」を名乗る地方クラブも存在します。
更には外国の有名チームの名前を使うこともあり、スペインの「バルセロナ」やアルゼンチンの「リーベル・プレート」と名乗るブラジルのプロクラブも存在します。
都市に限らず広く使われているクラブ名は「アメリカ」や「アトレチコ」などもあります。

チーム名が重複していると、私のような初心者には余計に混乱してきます。
それらをどのように区別しているかというと『チーム名の後ろにブラジルの州の略称を付ける』『チームの愛称で呼ぶ』という方式を使っています。
例えば、ブラジル全国選手権大会(Campeonato Brasileiro、通称:Brasileirão)の1部リーグ(Série A)の常連に居るクラブで「アトレチコ」と名乗っているのは『アトレチコ・ミネイロ』(ミナスジェライス州ベロオリゾンテが本拠地)と、『アトレチコ・パラナエンセ』(パラナ州クリチバが本拠地)と、『アトレチコ・ゴイアニエンセ』(ゴイアス州ゴイアニアが本拠地)と3つあります。

このうちミネイロ、パラナエンセ、ゴイアニエンセはそれぞれ「州の~」という専用の単語を示すポルトガル語です。ブラジルでは州の略称はアルファベット2文字で決められており、それに置き換えます。それぞれ『Atlético-MG(ミナスジェライス州)』『Athletico-PR(パラナ州)』『Atlético-GO(ゴイアス州)』となります。
他にも各チームが設定するマスコットで区別することもあります。ミネイロは雄鶏(ガーロ/Galo)、パラナエンセはタイフーン(フラカォン/Furacão)、ゴイアニエンセはドラゴン(ドラガォン/Dragão)とも呼ばれております。
これらは日本のプロ野球でいう西武ライオンズが「獅子」と呼ばせたり、阪神タイガースが「猛虎」と呼ばせたりするのと同じ感覚です。

子供(11歳)の時のアンドレーア

一旦、ここでアンドレーアの話に戻します。
そもそも、アンドレーアがサッカーを始めたのはセレソンの試合に影響されたのがきっかけで、11歳の誕生日プレゼントとしてサッカーボールを両親に買ってもらいました。
サッカーを始めた頃のアンドレーアは、『足が速い』以外の天性の能力は特にありません。

学校からスクールバスで帰宅すると、毎日夕食の時間まで自宅マンション敷地内の広場でボールを蹴る練習から始めました。
サンパウロのマンションは防犯のために門番が24時間体制で管理し、2m以上の高さの塀で囲まれているのが一般的です。グーグルのストリートビューでサンパウロの街並みを一度ご覧頂きたいのですが、ブラジルには地震がないので、中規模以上の都市には20階以上のタワーマンションが多数建っております。彼女の家族が住んでいたマンション建物の前後には庭やプール等の小さな広場があり、アンドレーアはその塀の中でボールを練習しました。

夕食・宿題の後は、自分の部屋でネットでサッカーの試合を観戦するようになりました。
ただしブラジル全国で800もクラブがあると全試合を見るのは無理ですので、自然と最も高いレベルにあるブラジル全国選手権のセリエA(Série A)やサンパウロ州選手権(Campeonato Paulista、通称:Paulistão)の試合を食い入るように観戦するようになりました。
彼女は上手くなるために、有名選手の足技を見よう見まねで練習するようになりました。
簡単なものから始まり、練習・実践へと愚直に繰り返していきます。
それが彼女が上達していく一歩となりました。

なお、ブラジルでプロ契約が結べる年齢は16歳からになります。(つづく)

スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses cookies to offer you a better browsing experience. By browsing this website, you agree to our use of cookies.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。